都会に安い家賃で住みたいなら狭小住宅がベスト

室内

様々な媒体から探して

狭くて小さな土地に建てる住宅を狭小住宅といいます。東京は、狭小住宅比較的多いです。業者を探すときは様々な媒体から探すとよいでしょう。狭小住宅専門業者はネットが探しやすく、設計事務所はネットや情報誌などが便利です。評判などを調べてから相談するとよいでしょう。

一軒家

狭小であるからこその魅力

東京のように土地単価が高い地域で予算内で住宅を建築していきたいという場合、狭小住宅を選択するのがおすすめです。小さな土地でも十分な住空間を確保でき、そういった住宅を得意としている会社、設計事務所を利用すれば自分たちの希望をふんだんに取り入れることも可能です。

抑えておきたい知識とは

住居模型

暮らしやすい家づくり

狭小住宅とは、一般的に約15坪以下の土地に建てる住宅をいいます。東京では土地が小さいだけでなく形も三角形、変形地、傾斜地といった建築の難しい土地に建てることが多いです。また、土地が小さいため土地代を安く抑えれることが狭小住宅の利点ともいえます。一般的な広い土地の住宅と違うため、暮らしやすい家づくりのためには狭小住宅ならではの工夫が必要です。そんな狭小住宅ですが、最近では東京で戸建てに暮らすため、選択肢の1つとして検討する方が増えています。狭小住宅は一般住宅と違い購入する上でいくつかのポイントについて抑えておくことが大切です。まずは、土地の活用になります。狭小住宅は小さい土地を活用するため、縦の空間を利用しています。つまり、通常の2階建てではなく3階建てや屋上、あるいは地下室を設けるといった作りをしているのです。東京では住宅が密集していることから快適な空間を作るのが難しいことも多いです。その点、縦の空間を広げることで、屋上をガーデニングや子供の遊び場にしたり、地下室を生活空間として利用することができます。ただし、建築基準法等の関係からすべての土地で狭小住宅が造れるとは限らないので、予め建築会社に確認しておきましょう。次に、狭小住宅は縦の空間を活かした住宅ですが、暮らす人の生活動線を考えた間取りを作るようにします。これは、住む人によってライフスタイルは様々なので、それに合わせた空間作りをしていくことが必要になります。例えば、縦の空間を利用して吹き抜けを作れば天井は高くなり、開放感を出すことができます。また、仕切りを少なくすることで大きな空間を作り、部屋が広がる感覚を強くすることもできます。少しでも小さい土地を活用して狭小住宅を作り上げるためにも間取りの決め方は重要になってきます。東京での戸建て暮らし実現に向けて、今回の点を抑えた上で暮しやすい狭小住宅作りを目指しましょう。