都会に安い家賃で住みたいなら狭小住宅がベスト

狭小であるからこその魅力

一軒家

小さな土地を活かすため

東京のように土地単価が高い地域の場合、住宅建築のために用意できる土地の面積も限りが出てきます。特に、予算に限度が設けられているケースではそこから建物価格を差し引いた額で土地を探さなくてはいけないのです。ただ、だからと言って東京で一戸建て住宅を建てるのは難しいのかと言われればそうではありません。土地の広さにこだわらなければ、狭小住宅と言って狭い土地を生かした住宅で夢のマイホームを持つことが出来るのです。狭小住宅の魅力は何といっても土地面積が小さくても建てられるという点です。3階建てなど縦に高さを持たせることによって十分な住空間を確保することが出来ますし、設計次第でその可能性は広がっていくのです。日照環境に関しても、窓を多く設置する、あるいは日差しの当たり具合を設計に考慮していくことで十分にいい条件の住宅が建てられます。もちろん、こうした狭小住宅を東京で建てる場合にはそれ専門の設計が必要です。住宅メーカーに直接依頼するのはもちろんですが、東京には狭小住宅の建築を得意としている業者、設計事務所がいくつかあります。いくつもの実績を持っている会社、事務所だからこそ、過去のデータを元により自分たちに合った条件の住宅を建てることが出来ます。そのためこうした狭小住宅を得意とする業者、設計事務所を自分で探していくことから始めていくことが大切です。ネット情報を参考にすれば、目的のサイトは簡単に見つけることが出来ます。ホームページによっては過去の実績が画像やデータで公開されているところもあるので存分に活用していくといいでしょう。