都会に安い家賃で住みたいなら狭小住宅がベスト

様々な媒体から探して

室内

設計事務所も候補に

東京は地価が高いため、狭小地と呼ばれる狭くて小さな土地も多く存在します。狭小地に建てられた住宅のことを狭小住宅といいます。狭小住宅は既存の住宅設計では難しいことが多く、間取りや設計を新たに考え、工夫しなければなりません。そのため、東京であってもメーカー探しに苦労する人が多いです。狭小地の上に傾斜地であるなどの不利な条件が重なっている場合はハウスメーカーに断られ続けることも多く、家が建てられないのかと絶望的な気持ちになってしまう人もいます。東京で狭小住宅を建てようと思うときは、業者の探し方にコツがあるのです。まず一つ目は狭小住宅専門の業者から探すことです。この場合は、ネットで探すのがよいでしょう。ネットで住んでいる場所と狭小住宅というキーワードを入力して検索すれば何らかの業者はヒットします。エリアは東京くらいのざっくりしたものでも構いません。専門業者が見つかったらそれらの会社の評判を調べてみたり、住宅展示場があればそこに行ってみたりして、ある程度目星をつけてから相談しましょう。それ以外の探し方としては、設計事務所から探すという方法もあります。ハウスメーカーと違い、設計事務所は一から設計してくれるため、基本的にどのような土地でも設計してくれます。狭小住宅の場合は結果的に安くなることも多いためおすすめです。設計事務所の場所や存在については情報誌やネットなどで探すと見つかります。あきらめずに様々な媒体から探すのがおすすめです。